資産をつくるために

20歳から考える資産形成

なぜ節約するのか?

資産を作ろうと考えているのなら、

月々の生活にかかるコストを可能な限り低くするべきです。

節約の方法や抑えるべき出費など、方法論はネット上に探せばいくらでもありますが、

優先して抑えるべき出費と、どうして節約しなければならないのかについて、

改めてこの記事でメモします。

 

ジュースなど無駄な出費を減らす

毎日の出費で一番無駄なのものと言えば、飲料です。

特に夏と冬、どちらも気候の問題から冷たい、または温かい飲み物が欲しくなります。

しかし、喉が渇いたとか、暖まりたいとか、

そんな欲求が出たからといってすぐに買ってしまうのでは、

一回ごとの出費は小さいとしても、回数を積み重ねると大きな出費につながります。

1日1本買ったとすると、1月に3000円から4500円の出費になります。

これが1年になれば36000円から54000円、決して小さくはない金額です。

気づいたらお金がなくなっている理由のNo1でしょう。

家計簿をつけたり、意識して出費を減らすことで地味ながら節約になります。

 

車や時計など大きな買い物をしない。

男ならば、車の話が嫌いという人はいないでしょう。

外車に憧れを持ち、いつか欲しいと思うのは当たり前です。

年収が高いと言われている業界なら、実際それほどの手取りがないにもかかわらず

無理してローンを買って数百万の車を買ってしまう人もいます。

車ほどのものでなくとも、テレビやパソコンなど、そこそこの出費をしてしまうと、

それだけで1日かけて遊べる程のお金が簡単に飛んで行ってしまいます。

時計もそうですが、ブランド品など所有することに価値があると考えられている物は、

人に対してはどういうわけか買え買えと安易に勧めてくる人が多い物です。

その人の生活や資金の流れを買えてしまうほど大きな物であるにも関わらずです。

欲しいなぁと漠然と思っていると、ついつい目の前に現れると口をついて出てしまいます。

うっかりその話で盛り上がろうものなら、「お前あれ買えよ。」という話に絶対につながります。

漠然と欲しいなぁと思うものは、どうせ今の自分には必要のないものです。

本当に必要なものは、迷うことなく買いに行きますし、すでに持っています。

 

居酒屋に飲みに行かない

華金という言葉は資産形成の大敵です。

毎週末、たまっている仕事もほどほどにして早めに職場を出て、

パーっと飲みに行く人が多いです。

会社や成績の悪い同僚のグチを言ったりどうでもいいバカ話をするのです。

タチが悪いのは、それがめちゃくちゃ楽しいということですね。

家に帰って寝て、土曜日は寝て、日曜日は遊んでちょっと家事をして過ごす。

夕方になってサザエさんが始まるような時間帯にまでなってくると、

また明日から仕事に行かなければならないという、

逃げることのできない現実が襲ってきます。

決して楽ではない仕事を終え、ようやく自分のためだけに使える時間が来たのに、

次の日は昼まで寝れるという開放感から辛い現実を忘れるためだけに、

貴重な時間とお金を使ってしまいます。

毎週末のこの時間をなくすだけで、簡単に出費が抑えられます。

付き合いは悪いと言われるようになるかもしれませんが、

現状を変えられないまま過ごすことになるよりはよっぽどマシです。

そして、飲みに行かずに帰ってくると、ひたすら暇を感じます。

この時間をどうしようかと考えるのですが、

出費を抑えるために飲みに行かなかったのですから、

せっかくなら収入を増やすための行動を取りたくなります。

同僚との楽しい時間や評判と引き換えにはなりますが、

自分のためだけに使える時間を生み出すことができます。

 

遊びにいかない

1日自由に動くことができるのは、土日しかありません。

仕事を頑張ったんだからと土日は遊びたくなるのですが、

華金に飲みに言ってしまうのと同様、ここで遊んでしまうと、

貴重な時間とお金を一時の楽しみのためだけに消費してしまいます。

ゴルフに言ったり、異性と遊んだり、その他諸々の趣味に勤しみたいところですが、

時間とお金に余裕が出来てからでも間に合います。

今我慢することで、将来はより集中してその趣味に取り組むことができるのなら、

とても辛いことではありますが、楽しみは取っておきましょう。

休みの日も、まずは遊びにいくことをやめます。

そして残った時間とお金を自分のためだけに使います。

 

生活コストを最低限にしておくと・・・?

ここまでのことをすべて守っていると、

なんとみみっちい生活をしているのかと思えてきます。

まったく何の娯楽もないというわけではありませんが、

楽しいことは少なく、気分が高揚することもなく、

ただ淡々と節約してつつましく生活していると、やっぱり楽しくないのです。

ときどき、少しながら惨めな気持ちになることもあります。

しかし、苦しい思いをしながらでも月々の生活コストを下げておくと、

給料がアップした時、ローンの支払いが終わった時、

副業での収入ができた時、臨時の収入があった時、

お金の出入りに関する変化があれば、その変化があった分だけ

貯蓄に回すことができるようになります.

ケチな生活というのは、普通の人から見ればバカみたいに見えるかもしれませんが、

確実に資産形成のスピードを早めることにつながります。

一度できてしまった生活水準を落とすことは難しいですが、

毎日の出費をまずは週に1回からでも減らすことを始め、

そしてさらに徐々に回数を減らすことに成功したら貯金が増えます。

ただ貯金を増やしたところで、収入が途絶えれば貯めた分を食い潰すしかありません。

資産形成の道は、タネとなる資金を作ることがその第一段階であり、

貯まった資金をより大きな収入を得るために使うことの繰り返しです。

一番難しいのはスタートの段階ですが、

みみっちい節約生活というのは、後々の自分を助けることになり、

今の苦しい生活が将来の自分を助けることにつながります。

はじめに経済的基盤を作る

こんにちは。このブログは経済的独立を達成することを目標としています。

そのためには若いうちに資産形成の土台を作ることが必要であり、

そのために必要だと考えられることを仮説としてメモし、実践していくブログです。

「あれもほしい。これもほしい。もっとお金があればいいのになぁ」と、

誰しも考えたことがあるでしょうが、

お金が無いことに対する不平不満がいつまでもなくならないのは、

生きていくために働いてお金を稼ぐ。という状態から抜け出せないことが理由です。

私は、何をするにもまず経済的基盤を作ることが必要だと考えていますが、

その理由をこの記事でメモします。

 

楽しいことには時間とお金がかかる

私は映画とゲームが好きです。

突然何の話なんだと思うかもしれませんが、大切なことです。

時たま外に遊びに出ることもありますが、

暇を潰すとなると、専ら私は映画とゲームです。

映画はNetflixアマゾンプライムで比較的安く見ることができますし、

ゲームもオンラインゲームを無課金でプレイしているので、お金はかかりません。

しかし、時間を大量に消費します。

周りにはゴルフ好きな人や、旅行好きな人がいます。

土日になるといつもどこかで遊びまわっている人もいるのですが、

これもやはり時間とお金がかかります。

日々辛い労働で疲れた体と心を癒すために、

何でもいいから楽しいことを私たちは求めてしまいます。

「今週も仕事を頑張ったんだから自分に対してこれはいい」といって、

自分のために使うことのできる時間とお金を、遊ぶために使ってしまうのが常です。

 

お金が入る→遊ぶ→働くのループにハマっている

 

雇われで働く人でもそこそこ年を重ねていると、お金のかかる趣味が楽しめます。

ゴルフやキャバクラなどですね。

若い人間も質と数は落ちますが、持てる範囲の金額で旅行や遊びに行けます。

それは、毎月の給料から税金を払い、必要な出費を終えた後に、

ようやく残ったほんの少しの金額から捻り出したお金を使ってです。

年次が上がれば給料は少しずつでも上昇し、

余分な資金も多少は増えていくかもしれませんが、

そのお金をただ楽しむことだけに使っていると生活費しか残りません。

また次の月を生きていくために働かなければなりません。

仕事で疲れているのはもう仕方のないことで、

何か楽しいことをして気を紛らわせたいのは山々ですが、

せっかく残った少しのお金を、ただ消費するだけでは、

永遠にこのループから逃れることはできません。

今感じている不平不満が消えることは一向にないのです。

なので、この不毛な状況から抜け出すためには、

今、苦しい思いをしてでもここから抜け出すための行動をしていくしかありません。

「辛いことに耐えることが労働だ。」とか

「汗水垂らして働いて得たお金が尊いんだ。」

そんなことを言う人は実際にいますし、

言葉にしないまでも、なんとなくの暗黙の了解があります。

悪いことをしてまでお金を稼げば良いなどとは全く考えませんが、

普通、人は嫌なことがあったら避けます。

嫌な思いをしないように過ごしていきます。

なぜ働くことにだけこんなイメージが付いているのかは知りませんが、

経済的な基盤を作るべきだと考えるのは、こういう理由からです。

 

経済的基盤を作る。

時々、「お金を貯めてどうしたいの?」と聞かれることがあります。

そう言う人は、暗に「お金があってもやりたいことがないなら意味がない。」

ということを言いたいのだと思います。

実際、「お金があったら何をしたいか?」という目標や、

「やりたいこと」を明確に持っている人は少ないでしょう。

もし、明確に持っているのなら、その人はすでに行動しているか、

将来それができるように準備をしているでしょう。

それがない人がほとんどだから、普通に周りと同じように就職して働いています。

しかし、「やりたいこと」がなければお金を持っても意味がない。

ということは全くありません。

もし、働く必要がなくなるほどの資産を持っているのであれば、

嫌な思いをしてでも働きたいと思う人はまずいないでしょう。

不必要な付き合いは無くなり、仕事から受けるストレスも減ります。

人間関係も自分が望む人とだけ築いていくことができます。

 私たちの今の状況は、「やりたくないこと」を仕方なくやっている状況です。

もともと「これがやりたい」と強い気持ちを持たずに働いている人が、

精神的に余裕のない状況で、「こういうことをしたいな。」と

考えたとしてもそんなもの思いつくわけがありません。

どれだけ時間を使って考えても意味がないのです。

だから「やりたいこと」を今のうちから明確に持っておく必要はありません。

強いて言えば、「やりたくないことをやらないで済むようにすること。」を

「やりたいこと」と考えておけば良いです。

お金の問題や仕事の都合上、興味はあるけどできないことは沢山あります。

休みがもっとほしいとか、旅行にいきたいとか、仕事中に話すじゃないですか。

でもそんなくだらないと思える単純な欲求すら満たすことができず、

日々時間を大量に消費して、

生きるために仕方なく働いている今の状況こそ、おかしいと考えるべきです。

「やりたいことがなければお金を持っても意味がない。」

というのは、立派な考え方ですが高望みが過ぎます。

やりたいことなんて経済的な自由と時間的な自由を得てから考えれば十分で、

、経済的基盤を作りたい。」と考えておけば良いのです。

 

楽しみは後にとっておく

経済的基盤を作るには並大抵のことではいきません。

ただ貯金をする以上の何かが必要になります。

今ブームになっているのは副業ですね。

本業以外の部分で稼ぐためのプラットフォームや方法論はそこら中に転がっており、

その中から好きな方法を選んで実践していくことができますが、

何を選ぶにしても必須なのは、時間とお金です。

将来、楽しく遊んで暮らすという夢をもち、実現させるためには、

今、楽しむために使っている時間とお金を収入を増やすために使う必要があります。

そのためにはやはり、収入を増やすことと支出を減らすこと

これらの二つができるように取り組んでいきましょう。

職住近接の重要性

 月々の生活費を可能な限り減らすことで、貯蓄に回すことができる金額も増えます。

これは当たり前のことですが、食費や交際費などの変動費は、

節約の実態が把握しづらく、継続的に行うことが難しいものでもあります。

そこで、毎月必ずかかる費用である固定費を減らすべきなのですが、

その具体的な方法の一つに、会社の近くに住むことがあります。

この記事ではそういったいわゆる職住近接の重要性についてメモします。

続きを読む