読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクラップ

日々のニュースを載せるだけ

2017/5/24(水)

 

英、テロ警戒レベル最高に 自爆犯は22歳 (写真=AP) :日本経済新聞

 [FT]英テロ、冷静な反応が正しい

 

大飯3、4号「合格」再稼働認める 福島事故以後2度目の運転へ (福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース

 

若手を重用 野村も育つ :日本経済新聞

30代や40代からも支店長に起用する野村證券。5年目の営業マンでありながらベトナムでファッションモデルまで務めた人もいるとか。

 

米WHが890億円調達 ファンド大手から、2次破綻防ぐ :日本経済新聞

 

商工中金に立ち入り検査 金融庁、不正融資で :日本経済新聞

 

(日本株番付)今期業績が上振れしそうな企業 ゲームや自動車上位に :日本経済新聞

業績が上ぶれしそうな企業ランキングで任天堂が1位。

スイッチの調子が良く、品切れ状態が続いているからすでにPERは80倍を超えているけど来季決算も好調?

高値掴みになるのは嫌だから今後1年間くらいで下がるタイミングがないかな?

ちなみにスイッチに使われている部品を作っている会社の一つにエヌビディアという会社がある。

ゲーム向けの製品がメインだったけど、自動運転車関連にもシフトしてきていてかなり盛り上がってる。どこまで上がるのかな?

 

エヌビディアCEO「自動運転、2年で可能」:日経ビジネスオンライン

 将来、クルマはソフトウエアになります。

カッコいいな笑

 

AIブームは「1本のメール」で始まった:日経ビジネスオンライン

 

中国を「A1」に格下げ、財政の健全性低下で 中国当局は反論 | ロイター

 

アングル:米予算教書、補助大幅削減 トランプ支持層に痛みも | ロイター

T

コラム:ロシアゲートでドル円を語る「限界」=佐々木融氏 | ロイター

ロシアとの関係で窮地に立たされているトランプ大統領も実際に弾劾が成立するかはまだ不透明。ウォーターゲート事件の際、ニクソン大統領は辞任をすることになったが実際に辞任したのは問題が騒がれるようになってから1年半近く経った後だったそうな。

仮に大統領をやめさせられたとするとペンス副大統領が繰り上がりで大統領になるけどもトランプ大統領と違って経験もあるし大丈夫だろう的な空気感になってる印象。

 

 

「ロシア・ゲート」に対する二つの相場シナリオ,藤戸レポート

今回の乱高下での教訓は、
1 日本株の帰趨を決するのは外国人である。
2 リスク・イベントに絡めた株式先物の異常な売買が膨張する時には、

ヘッジファンドの関与を疑わなければならない。
3 ヘッジファンドは約
1ヵ月でアンワインド(巻き戻し)を実施。

諸所の問題が解決すれば二万円の大台は到達できそう。

といってもすぐにとはいかず、短期的な調整が必要。

下値は19200円あたり?押し目買いを狙う。

雑感

決算期フィーバーも終わって市場では材料がなくて身動きが取れない状況。

日米の経済がよくて指標も割安感が出ているのに、トランプ政権がぐらついていることと北朝鮮の問題が重すぎてなかなか日経平均も2万円を突破しない。

動き出した時は大きく動くのかもしれないけどこういう時は様子見が一番かもしれない。

 

億万長者の不況に強いセールス戦略―ダン・S・ケネディの”屁理屈”なし実戦ビジネスMB

億万長者の不況に強いセールス戦略―ダン・S・ケネディの”屁理屈”なし実戦ビジネスMB

 

 

 

2017/5/18(木)

 

グーグル、スマートスピーカーを日本で年内発売 :日本経済新聞

欲しい。

 

景気の持続力、消費カギ 1~3月GDP実質2.2%増 :日本経済新聞

日銀が追加緩和をするかどうかで騒いでいた頃と違って最近は「アベノミクスは失敗」と書かれているような記事を見かけなくなったな。

 

クアルコム、アップルの委託先4社を提訴 特許料支払い拒否で :日本経済新聞

新型のiPhoneに期待が集まっているけど株価への影響あるんだろうか。

 

「キットカット」の商標登録不可か:チョコの形状に特有性なし - NNA ASIA

商標登録なんてしなくてもみればキットカットだとわかるしいらないんじゃないの。

って思うけど、世の中トンデモナイ奴もいるし大事なのかもしれない。

 ・PPAPの商標権を横取りした元弁理士の上田育弘、「歌いたければ金払え」 | netgeek

 

訪日客、単月で最多 4月257万人 23%増、「コト消費」拡大 :日本経済新聞

 

相次ぐトラブル、覚悟の再稼働 高浜原発4号機 (福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース

 

コラム:「ロシアゲート」相場、パニックは無用=池田雄之輔氏 | ロイター

ウォーターゲート事件の際、当時のニクソン大統領が辞任した後は株価は回復したという話があるので、今回も大丈夫なのかなと楽観的な見方と、当時と今は違う見方と両方ある。

 ・トランプ弾劾の声高まる ウォーターゲート事件当時の経済と、今日の違い - Market Hack

ウォーターゲート事件

トランプのFBI長官解任騒動は、第2のウォーターゲート事件なのか - ページ 2 / 4 - まぐまぐニュース!

最近の相場の上昇はトランプ政策の期待ももちろんあるけど、アップルを筆頭にハイテク株の上昇と経済の好調さが理由な印象がつよい。

大統領を続けるにせよやめるにせよ問題が落ち着けばやっぱり下がった分の株価は戻るような気もする。

 

「ググれば分かる」――世界を変えた学生の研究プロジェクト WEDGE Infinity(ウェッジ)