スクラップ

日々のニュースを載せるだけ

3/17

エネルギー

日本で木質バイオマスは「儲かる」ビジネスになり得るのか(1) | コラム | 環境ビジネスオンライン

バイオマス発電の燃料は植物系、食品系など多様にあるが、木材からなる資源を木質バイオマスと呼ぶ。木質バイオマスも3種類に分けられるが、他2種類は利用率が90%を濾すのに対して、未利用のまま林地に放置されている間伐材や枝の「未利用間伐材」がある。FITでバイオマス発電由来の電力価格が高く設定され、「未利用間伐材等」の利用率の低さからチャンスを感じられたが、そこには日本の林業の難しさがあった。

日本で木質バイオマスは「儲かる」ビジネスになり得るのか?(2) | コラム | 環境ビジネスオンライン

林業は間伐をしなければ保水力の低下や土砂崩れの危険がある。しかし間伐には手間とコストがかかる。日本のCO2削減目標が設定されており、その影響で国内の森林資源は大量に増加。森林資源は増えれば良いわけではなく、森林の無秩序な増加は危険で伐採が推奨されているが、うまくいっていない。木材価格の低迷もあり、日本の林業は壊滅状態。

 2015年からバイオマス発電のFITでの買取価格が40円/kWhに引き上げられたが、その燃料を供給する林業には問題が山積しているとのこと。再エネに関しては風力発電しか知らないし、その風力発電も詳しくは知らない。エネルギー関係は詳しく見ていきたい。次の日曜にでも再エネのそれぞれの特徴をまとめてみる。

 

「チリ」砂漠の太陽で発電(2016年3月:エリアリポート)

 

http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2016fy/000971.pdf

 

電力自由化どうする?どう選ぶ?【基礎知識編】 | NPO法人 国際環境経済研究所|International Environment and Economy Institute

消費者の目線から見た電力自由化。Q&A方式。

 

ネット

ブロガーとアフィリエイターの違いと、相容れない部分について

 ブロガーもアフィリエイターも、信用と収益化を両立させたいのであれば、収益性の高いサービスやプロダクトを、自家でつくることです。

アフィリエイターとブロガーの逆転が起きているような気がする - 鈴木です。別館

 

ブログを書いて収益をあげるのは難しい。本当に難しい。|すしぱくの楽しければいいのです。

上の二つの記事でこの記事を思い出した。

収益をあげるのも多様化しています。収益まで考えているのなら、自分が何をして将来どのような方向性に進んでいきたいのか、まで考える時代なのかもしれません。

 

 

 

アメリカ最大の掲示板サイト「Reddit」の使い方 | SAWAAZUMI.COM

Redditというと、掲示板サイトというのは知ってるけど、英語がメインなようでこりゃダメだと思って使ったことがない。

日本ではブログを起点として広告収入を得ようとすることが流行っている。

かくいう自分もその一人だけど、アフィリエイトは昔から行われていた。

アフィリエイトというと、日本だけなはずはないよなと思ってた。

もちろんアメリカにだってあるはずなんだから、1億人もいる日本向けにサイトを作るのも良いけど、より人口の多い英語圏に向けたサイトを作った方がより収益は大きいと思う。それにしたってそういうサイトは飽和状態で認知度を広げるのは難しいだろうし言葉の壁も大きいけど。

 

 

後で読む

アメリカ最大の掲示板サイト「Reddit」の使い方 | SAWAAZUMI.COM

 

雑感

ブロガー、アフィリエイター、収益化、運営の目的。

最近はネットのコンテンツについての話がよく議論されているけど、

自分のブログをどうしていこうというのはあまりきちんと考えたことがない。

ともかくは、まず固定収入を増やしたいと思っただけだ。

どういう風に運営してどういう方向に進んでいきたいのかというのは漠然としている。

そのことについてもきちんと考えないといけない。

このブログの目先の目標は、ネット上の記事を多く知って、まとめる。勉強を兼ねてる。そのついでに収益が生まれればいいなと思ってる。

まだまだ始めたばかりでどんな風に記事を書いていくかも定まっていないからなんとも言えないけども、止めることは多分ないと思う。

 

アフィリエイトというと上の記事の感想でも書いたけど、日本国内だけでなくて英語圏に向けて書いた方がより大きい収益を狙えそうな気はする。英語・・・