仮想通貨に関する所得の計算方法について

こんにちは。

仮想通貨に関する所得の計算方法について、国税庁から正式に文書が出ていますね。

ざっくりと要点をまとめます。

 

仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)

 

税金がかかる

  • 仮想通貨を売却して円などに変えた時
  • 仮想通貨を使って商品を購入した時
  • 仮想通貨を他の仮想通貨に変えた時

税金がかからない

  • 仮想通貨をそのまま保有している時

税率について

  • 雑所得に区分される。株などと比べてかなり不利
  • 損が出ても他の所得と相殺できない

その他

  • 分裂で生まれた仮想通貨は保有中は税金がかからない
  • 分裂で生まれた仮想通貨も売却、購入、他の仮想通貨との交換時に税金がかかる 
  • 分裂で生まれた仮想通貨は購入費=0円(売却金額が全て課税対象)
  • 複数回に分けて購入した時は、移動平均法で考える

 

仮想通貨、ブームに火がついて値上がりしたは良いものの、

利益が出ているからといって売却してしまうと大きな税金がかかります。

とはいえ、最大で半分ほど税金がかかるといっても、

本業で稼いでいなければ儲けの半分が税金で持っていかれるのは、

1000万円単位で利益を出している場合くらいなので、

それほど気にすることでも無いように思います。

税金がかかるからといって保有し続けて寝ている間に儲けがなくなってしまっていた。

なんてことになってしまっては目も当てられません。

どんなに下がろうがガチホする!というのでも無ければ

税金がかかることになったとしても早めに利確するのが良いかと思います。

そもそも仮想通貨の値上がりがなければ儲からなかったわけですから。

それでも手元にできるだけ多くのお金が残るようにしたいものですね。

しかし分裂後に手に入った新しい仮想通貨の取得価格が0円とされてしまっています。

せめて分裂元の仮想通貨の取得費が適用できないかと淡い期待をしていましたが・・・

FXも元々は分離課税ではなく総合課税とされていたようなので、

仮想通貨も何年かの後に分離課税になると良いですね。

 

確定申告が必要な方|確定申告に関する手引き等|国税庁

仮想通貨の所得計算、具体例公表 国税庁がQ&A :日本経済新聞

仮想通貨「所得」の計算方法、国税庁が公開 - ITmedia NEWS