資産形成のメモ帳

20歳から考える資産形成

つみたてNISAについておさらい

こんにちは。

2018年から新しくつみたてNISAという制度が始まります。

NISAの制度自体はもともと存在していましたが、

「貯蓄から投資へ。」というスローガンの下、

個人の投資活動の活発化が推し進められてきたのですが、

ここで新たに制度拡充を図り、さらに投資を活発化させようという狙いがあります。

2017年は確定拠出年金iDeCo)の利用者の対象が拡大したこともあり、

ここ数年間で、国は個人での資産形成を促す政策を取っています。

自分の資産をつくるための方法の一つとして、

つみたてNISAについてここでおさらいします。

 

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、2018年1月から始まる投資をする上での新制度であり、

この制度を利用して投資した場合、税制上のメリットがあります。

少額から始めることができ、投資初心者にとって始めやすいものになっています。

 

つみたてNISAの特徴を見てみます。

投資枠:年間40万円

 期間:最大20年

 対象:投資信託

 

ここで大事なのは、

金額は年間で最大40万円であり、最大まで投資する必要はないことです。

月に1万円までと決めた場合は、年間の投資金額は12万円になります。

また、非課税期間についても最長で20年間利用できるということであり、

10年目で売却することができますし、1年後に売却しても良いということです。

しかし、投資をする上では短期で売買を繰り返すよりも長期で保有する方が、

投資リターンの積み上げにより利益が上がりやすいという話があります。

また、

投資金額と期間を最大限利用(つまり年間40万円を20年間投資し続けた)した場合、

総額では800万円の原資になります。

NISA口座で得られた利益については税金がかからないので、

利益が出ることを前提とすると、

投資金額は大きければ大きいほどメリットも大きくなります。

 

現行のNISA制度との違いについて。

NISA制度自体は以前から存在しており、

口座を開設する場合は、

つみたてNISAと従来のNISAのどちらかを選ばなければなりません。

つみたてNISAと従来のNISA口座の違いをまとめます。

 

従来のNISA

投資枠:年間120万円

 期間:最大5年

 対象:株式・投資信託

 

つみたてNISA

投資枠:年間40万円

 期間:最大20年

 対象:投資信託

 

つみたてNISAは上記の通りですが、もう一度掲載しました。

投資金額は従来のNISAは年間120万円だったので、

一年間に限ってみれば、従来のNISAの方が枠は大きくなります。

また、非課税期間は5年なので、つみたてNISAの方が非課税期間は長くなります。

非課税期間と投資枠を掛け合わせた総投資枠については、

従来のNISA →120×5=600万円

つみたてNISA→40×20=800万円

となるので投資枠を最大で利用する場合は、

つみたてNISAの方がより大きく投資できます。

 

投資対象にも違いがあり、

つみたてNISAでは投資信託にしか投資できませんが、

従来のNISAでは株式にも投資できます。

自由に投資したいというのであれば、従来のNISAでも問題ありませんが、

投資初心者は、数が限られているつみたてNISAの方がやりやすいと言えます。

 

つみたてNISAの最大の特徴

つみたてNISAの最大の特徴は、名前にある通り積立投資を行うことです。

積立投資とは、決まった金額を定期的に継続して買い続けることであり、

そうすることで価格が高い時に少なく買い、価格が安い時に多く買うことができます。

「投資の基本は、安く買って高く売る。」です。

積立投資なら一度にまとめて買うよりも全体でみれば安く買うことができるので、

利益を上げやすくなります。

 

下の図のように投資信託や株は常に価格が変動しています。

一番安い時に買い、一番高い時に売ることができれば

大きな利益を出すことができますが、

そのタイミングを見極めることはかなり難しいです。

そのため、プロの投資家は時間と手間を掛けて何を買うか、

いつ買うかを決めています。

しかし、普通に働いている方にとっては、そこまでの労力を割くことはできません。

そして判断材料が揃わないまま売買をすると、

下の図のように「一番高い時に買ってしまった。」とか

「一番安い時に買っておけばよかった。」と後悔してしまうことがあります。

f:id:sakuma111:20180103184240p:plain

 

そういったことにならないように、

投資判断(積立投資では投資タイミング)に十分な材料が無くとも、

利益をだすことができるようにしたのが積立投資です。

一例として下の図を見てみます。

f:id:sakuma111:20180103190150p:plain

1ヶ月目に投資信託を4万円全額買った場合と、

毎月1万円ずつ買った場合とを分けてシミュレーションしています。

投資信託の価格は1万円、2万円、5千円、1万円と値動きしています。

1ヶ月目に4万円まとめて買った場合は、平均して1万円で買ったことになります。

毎月、1万円ずつ買った場合は、2ヶ月目の価格が2万円の時に少なく買い、

3ヶ月目の価格が5千円の時に、多く買うことができたので、

最終的に平均して約9000円で買うことができました。

積立投資の方がより安く買うことができたことになります。

 

金融庁の図をお借りしたのですが、

逆にわかりにくいかもしれないので、もっとシンプルな例を考えてみます。

リンゴが大好きで1ヶ月の間にリンゴを40000円分買う人がいたとします。

値動きは1週目に100円、2週目に200円、3週目に50円、4週目に100円と動くとします。

 

1週目にリンゴをまとめて40000円買った場合、

40000÷100=400リンゴを400個買うことができ、

1ヶ月の間に400個リンゴを食べることができます。

 

毎週10000円分ずつ買った場合、

1週目に10000÷100=100個

2週目に10000÷200=50個

3週目に10000÷50=200個

4週目に10000÷100=100個

合計して1ヶ月の間にリンゴを450個

 

ということで、リンゴを食べすぎなのはさて置いて、

1個あたりのリンゴの価格は1週目にまとめて買うよりも

毎週に分けて買った方が安くなります。

本当は、3週目にまとめて買うのが一番良いのですが、

価格を常に把握していなければなりません。

この例では毎週リンゴの値段をチェックしていれば良いのですが、

これが株や投信になると高い所と安い所を見極めるのは難しいので、

最大の利益を出すことは諦める代わり、

利益を出す可能性を高めるために積立投資という手法が存在します。

 

 非課税期間が20年となっている理由

これは、金融庁が作成した、投資期間が長い時と短い時の成果を比較した図です。

縦軸が起こりうる可能性、横軸が投資した際の損失と利益を表しています。

f:id:sakuma111:20180103184456p:plain

上の方の保有期間5年の図を見ると、

ピンクになっている部分が損をしていることを示しています。

(元本割れとは損をしている状態のことです。)

大まかに20%弱の確率で損をすることがあります。

しかし、下の方の図をみるとピンクの損をしていることを示す部分はなく、

利益が出ていることがわかります。

約40%の確率で2~4%の利益、

約50%の確率で4~6%の利益

約10%の確率で6~8%の利益が出ていることになります。

とはいえ、5年保有した時は最大で12~14%の利益を出すことができる一方、

20年持った場合は、最大でも6~8%の利益までしか出ないと捉えることもできます。

どちらが良いかは何を重視するかにもよりますが、

より堅実に投資をする場合は、長期で投資をした方が良いという結論になります。

 

まとめ

以上、他にも細かいルールなどがあり、

全てを網羅しているわけではありませんが、大まかな所をまとめました。

実際にやってみなければわからないこともあるのですが、

「投資に興味はあるが投資をしたことが無い。」という場合は、

税制上メリットがあり、

投資対象が絞られているため悩むことがなく、

少額から始められるので、

つみたてNISAは始めやすいと言えます。

実際に始めるためには証券会社に口座を作らなければなりませんが、

つみたてNISAの口座は一人につき一つしか作ることができないため、

どの証券会社で開くか決めなければなりません。

証券会社はどれが良いかというのも、改めて調べて記事にします。

 

記事中の画像は、すべて金融庁作成の資料からお借りしています。

このブログは管理人が自分自身のために運営するサイトであり、

投資の推奨や助言などを目的としているものではありません。

書かれている記事の内容の正しさは保証できるものではなく、

このブログを参考に投資を行われた場合の損益について、

管理人は一切の責任を負うことはできません。