資産をつくるために

20歳から考える資産形成

副業がブームだが、まずは本業で限界まで稼ごう

ここのところ、巷では副業がブームになっています。

本業以外からの収入を増やすことでより豊かな生活をしようという流れの中で、

YouTuberやアフィリエイトをはじめとして様々なマネタイズの手段が登場しています。

この記事では、そんな副業について考えていることをメモしています。

 

若手社員のうちは本業でもっと稼ぐことができる

20歳から資産形成の方法を考えよう。ということをテーマにしているので、

このサイトを見ていただいている方は若い方が多いと思います。

なのでここでもそういった方々を想定して書くのですが、

入社して数年以内の若手社員にとって、副業を始めることは良いことなのでしょうか?

職種や場合にももちろんよるでしょうが、

仕事を始めて数年のうちは、仕事を覚えること自体が仕事の面があります。

人によっては、怒られることが仕事という人もいます。

そんな考え方が正しいとは言いませんが、

入社直後は、私たちが将来稼げる人材になるように、

会社がコストをかけて、OJTを含め研修を繰り返して教育していきます。

様々な理由をつけて、日本企業で働くことを否定する人たちはいますが、

特に入社1・2年目で学ぶことができる社会一般の通念は、

いきなり起業をしたり、フリーランスで働く上では気付かないこともあります。

もちろん就職せずに働くことでしか得られないものもありますが、

それぞれ良し悪しがあり、就職することが必ずしも悪いことではないのです。

サラリーマンから独立は可能ですが、一発目に起業して失敗したので、

やっぱり就職しようとするのでは難易度が変わります。

いわゆる新卒チケットについての考え方は人によりますが、

能力も実績もなくとも採ってくれる、決してバカにできないメリットがあります。

話が逸れてしまいましたが、

就職してはじめに学ぶビジネスマナーは、一生役に立つのは間違いありません。

そして入社数年後から本格的に業務に取り組み、

会社に利益をもたらすべく働くことになりますが、

やはり年功序列の制度は残っていることが多いもので、

昇進するに従って給与も増えていきます。

可能な限り出世のスピードを早くすることは給与の増加につながります。

規定の就業年数に達している状態で、資格が必要なだけで昇格できるのなら、

うまくいくかどうかわからない副業よりも、

確実に昇格と昇給が待っている資格を先に取れば良いわけです。

成果がわかりやすい数字で把握できない部署などで働いていたり、

これ以上の給与のアップが見込めない場合は、副業を始めるのは良いですが、

そもそも稼ぎたいという気持ちが強いのなら、

成果に応じてボーナスが変わる部署や会社に就職する選択肢だってあります。

本業で働いた分だけ稼ぐことができるのであれば、

それは理想的な労働環境に身を置くことができていると言えます。

 

学生はバイトを増やすよりも・・・

大学時代にバイトで稼ぐことができる金額というのは、

人生全体における総収入の割合で見ればほんのわずかなものです。

学業も全ての科目を真面目に受ける必要などありませんが、

働き始めてからの収入に直結することについては、

授業は真面目に受けた方が良いですし、

関係のありそうなことなら例え授業がなくとも少しずつネットで検索してみるだけで

知識量が他社と比べて圧倒的に多くなります。

それは後々の自分を助けてくれるかもしれません。

一番まずいのは、バイトやサークルに時間を使いすぎて卒業が遅れることです。

1回でも浪人や留年をしたとすると、働くことができる期間が1年間減ります。

雑に言えば、平均年収が1000万の会社に就職することができたとしても

たった一度の留年で生涯賃金が1000万円減ってしまうことになります。

大学時代にバイトで稼げるのはせいぜい多くとも300万円。

例え年収が1000万円以下の会社でも、

この金額よりも多く稼ぐことができる会社の方が多いです。

そうなると、必修科目はもちろんのこと、

どうでもいい一般教養の単位でさえ、授業が詰まっていない時や、

1、2年の間の楽な時ににさっさと取っておいた方がいいことになります。

ましてや将来本業に関わりのありそうな学部の専門科目は特に重要です。

会社に入ってからの仕事の進捗次第で昇進や昇給がかかってくるわけですから、

今すぐに稼ぐことはできなくても、将来の自分を助けることを信じて

せめて授業の間くらいは真面目に受けてみましょう。

 

副業とはあくまで本業ありきのもの。本業でまずは頑張ろう。

副業がかなりのブームになっています。

持っているスキルを活かして働くことは全く悪いことではありません。

しかし、副業はあくまで副業。

それを始める前に、本業でこれ以上の収入の伸びがすぐには見込めない状態にあるときにはじめて選択肢になるものだと考えています。

成果に応じて給与の変わる会社であれば、結果が良いほど給与も増えます。

そういった会社に入ってフルコミットで働いて稼ぐことができるのなら、

わざわざ副業をする必要もありません。

基本的に、一度に複数のことを同時並行で続けることは難しいことです。

時間的な余裕も必要ですし、うまくいかずに精神的にも辛いことが多いです。

副業を始めることは良いのですが、まずは本業で稼ぐ余地を伸ばすことができないか、

考えてみることから始めてみませんか?

 

まとめ

今回の話は、単純に副業もいいけど本業を頑張ってからにしよう。

という話です。

営業系の会社であれば、業績がよければボーナスも増えるでしょう。

働いた分だけ稼ぐことができるのが理想的です。

ガツガツ働いて稼ぎたいのであれば、そういった会社に入れば良いわけで、

必ずしもブームだからといって副業をしなければならないというわけではありません。